自己紹介

日野 智貴 (ひの ともき)

西はりま立憲主義者の会代表。日本SRGM連盟代表。京都地蔵文化研究所研究員。

平成9年(西暦1997年、皇暦2657年)兵庫県に生まれる。兵庫県立龍野高等学校68回生。高校時代から中学・高校の同級生と共に政治活動をはじめ、現在立憲民主党青年組織「立憲ユース」でも活動中。

立憲民主党党員。国民民主党サポーター。日本国民党党友。

一般社団法人いのちを守る親の会PR委員。日本アニマルライツ連盟理事。日台國體護持兄弟会副会長。

専門は歴史学。史学会、古田史学の会、仏教史学会に所属。共著に『『古事記』『日本書紀』千三百年の孤独』(明石書店)がある。

神社仏閣巡りが趣味で、産土神社は小宅神社(たつの市龍野町宮脇)。下御霊神社(京都市中京区下御霊前町)崇敬会会員、宝蔵神社(宇治市宇治塔川)宝蔵会会員。

真言宗の檀家で日蓮宗最上稲荷の信仰をも持つ家に生まれたこともあり、空海聖人や日蓮聖人を尊敬。だが他の宗派の仏教やキリスト教、イスラム教を含めた幅広い宗教に関心を持つ。